「極限追い込み責め」の記事一覧(2 / 3ページ)

麻生眞由美 極限追い込み責め4

mayumi4-4

眞由美女王様はマゾ奴隷が口の中のクソを喰いきれないのでガムテープで塞ぎ「しっかり喰えよフフフ」とマゾ奴隷を放置して行ってしまう。残されたマゾ奴隷は完食まで地獄の時間を過ごすことになる。眞由美女王様は1本鞭を手にすると
マゾ奴隷をメッタ打ちにする、あまりの強い鞭にマゾ奴隷は転がりながら逃げ惑うが眞由美女王様は追いかけては1本鞭を打ち続ける、マゾ奴隷は調教開始から鞭で打たれ過ぎて声も出なくなってきて体はボコボコである。眞由美女王様は弱り切ってダウンしているマゾ奴隷に目を覚ませとばかり小便をぶっかける。最初からマゾ奴隷は休む暇もなく何かしらで責め続けられている、極限追い込み責めの日なのでしかたない、今日を乗り越えればしばらくはやって来ない。

麻生眞由美 極限追い込み責め3

mayumi4-3

眞由美女王様はマゾ奴隷の両足を縛り上げヒールのかかとで足を思い切り踏みまくる、たまらずマゾ奴隷は避けるが逃げても逃げても眞由美女王様のヒールのかかとが追いかけてきて強烈な一打が足の甲に突き刺さり出血する。眞由美女王様はマゾ奴隷にヒールの舐め掃除をさせる、掃除がヘタとして頻繁に乗馬鞭で叩きまくる、マゾ奴隷の体は鞭の跡で原形をとどめていない。眞由美女王様は和式トイレの下にマゾ奴隷を縛りあげると口開器で口を開きパンティーを下してトイレにかがみマゾ奴隷を見下ろして笑みを浮かべながらクソをする、ゆっくりとしたペースで肛門からクソが搾り出されてくる、
クソは徐々にマゾ奴隷の顔に近づくとマゾ奴隷は悲鳴をあげるが動けない、とても長い1本クソは垂れても垂れてもまだ切れずに肛門からぶる下がっている、眞由美女王様が肛門に
力を入れた瞬間にクソは悲鳴をあげるマゾ奴隷の口に落ち長かったせいかクソの半分は顔に乗る、眞由美女王様はその後も第2発目3発目のクソをお構いなしにマゾ奴隷の顔にまき散らす。眞由美女王様はトングでクソを全てマゾ奴隷の口に押し込めると「ほら喰えよアハハ」と言いながら乗馬鞭で叩いて強制的に食わせる。

麻生眞由美 極限追い込み責め2

mayumi4-2

眞由美女王様の小便が床にも流れ落ちマゾ奴隷は舌で舐め掃除をさせられる、マゾ奴隷が床掃除をしている間も眞由美女王様は乗馬鞭で叩きまくる。
眞由美女王様はマゾ奴隷をあお向けに寝かせ舌を出させヒールの靴底を舌に張り付け強烈にゴシゴシとヒールを動かして靴底を掃除する。眞由美女王様は裸足になりマゾ奴隷の体に乗り飛び跳ねていると思えば両足で顔に乗り全体重をかける、マゾ奴隷の顔は重みで沈み
悲鳴をあげ、その後眞由美女王様は再び乗馬鞭でマゾ奴隷を叩きまくる、マゾ奴隷はもうダウン寸前である、この全力での鞭は必見である。眞由美女王様はマゾ奴隷を立たせてペニスを乗馬鞭で叩き強烈な金蹴りを食らわす。