麻生眞由美 極限追い込み責め7

mayumi4-7

眞由美女王様は洋式トイレの下にマゾ奴隷を縛り上げる、
再び黄金地獄を味あわせるのだが今回は口開器がない、眞由美女王様は「口を開けるか?開けないとこうだぞ」と乗馬鞭で力一杯叩き上げマゾ奴隷は口を開けるしかない。眞由美女王様はパンティーを下してイスに座る、マゾ奴隷の顔の真上に眞由美女王様の肛門が準備完了とばかりにそびえ立つ、眞由美女王様が力を込めると肛門は噴火口のように膨らみ中から
クソが外に出たそうに顔を出し始める、マゾ奴隷の観念したような鳴き声が聞こえる、クソはモリモリと肛門から這い出して重力に従ってマゾ奴隷の顔へと向かう、そしてその時が来たクソは一気にマゾ奴隷の口へとすべり落ちる、マゾ奴隷に吐き気が襲う、しかし眞由美女王様は容赦なく第2第3のクソを絞り落とした。眞由美女王様はゴム手袋をするとクソを全部マゾ奴隷の口に詰め込みガムテープを口や目や顔全体に張り付け「さっさと食べなさいよ」と立ち去る。マゾ奴隷は目隠しされ真っ暗な状態で口のクソだけを長時間味わう事になる。