鏡華 M女M男監禁ダブル調教1

kyouka1

鏡華女王様に恋心をいだく女は思い切って鏡華女王様に付き合って欲しいと告白するが「恋愛には興味が無い奴隷としてなら付き合ってあげる」と言われてしまう。どうしても鏡華女王様のそばにいたい女は奴隷として仕える決心をする。 鏡華女王様が女にマスクを着けた瞬間から奴隷になれるか試し責めが始まる。鏡華女王様は 女の乳首と女性器にリモコンバイブを装着させ徐々に強く振動させると女は感じ始めてしまう。鏡華女王様は女に首輪とリードをさせ自らのヒールを投げ女に四つん這いで取りに行かせるが後少しのところでリードを引っ張られ取ることが出来ない。鏡華女王様は女のパンティーを脱がせると電マをクリトリスに当てて振動を強くさせていく、女は感じて局部から愛液が多量に溢れ出てしまう。鏡華女王様は女を全裸にしベッドに縛り付けロウソクで責める、始めてのロウソク責めに女は悲鳴を上げ逃れようとするが手足は拘束され動けない、鏡華女王様のロウは女のFカップはあろう大きな乳房を真っ赤に染め、とうとうそのロウがクリトリスに達すると女は大声で悲鳴を上げる、しかし鏡華女王様は笑いながら女性器に徹底してロウを浴びせる。