美麗 豚飼育罰は黄金仕置き1

mirei1

美麗女王様は飼っている不良豚奴隷を数か月かけて調教しているが一向に改善されないためとうとう黄金仕置きを準備した。美麗女王様は豚奴隷が持って来た紅茶が温くて怒り紅茶を豚奴隷の頭からかけると豚奴隷を牢屋に引きずり込み 罰として乗馬鞭で叩き始める。美麗女王様の鞭は1発1発が重いため豚奴隷は苦しみ血の気が引いて顔面が蒼白である。美麗女王様はミスをすると必ず罰があると体をもって豚奴隷に教え込むべく鞭打ちを連打する、フルスイングの乗馬鞭は豚奴隷の体に振り下ろされ当たった場所で止められるという痛い打ち方のため豚奴隷は激痛にもだえ半べそをかく。