空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人4

yun2-4

オマンコを舐めだした囚人を女看守は自分専用のオナニーマシンに育成させるため毎日クンニトレーニングをさせ快楽を楽しむ、女看守はイスに座り鉄格子にオマンコを近づけ囚人に何時間でも舐めさせる、女看守は乗馬鞭を持ち舐めをさぼれば囚人は打たれる、女看守はクンニさせた後はお尻を向けてケツの穴も舐め掃除させる。何日も手錠で射精管理され精子が溜まっている囚人に女看守はオナニーを命じる、女看守の見ている前でオナニーをする囚人だが溜まっている精子を放出するためには背に腹は代えられない、囚人がイキそうになると女看守はオナニーを止めさせ寸止めし再び手錠をする、女看守は自分に服従させるため常に囚人に高い精力を維持させ寸止めさせるのである、囚人は「もう少しでイキそうです、精子が溜まって苦しいんです、どうぞ射精の許可を下さい、お願いします」と土下座して嘆願するが女看守は許可しない、そして「私だけ毎日お前にオマンコ舐めさせてイッてスッキリして、お前は寸止めでイケないってズルイよね、アハハハ」と笑い飛ばす。女看守は囚人を四つん這いにして鉄格子に縛り動けないようにするとペニスバンドを装着して「これからお前のケツの処女をもらう、お前は私の物だ」とペニスをアナルに挿入し犯し出す、痛みで悲鳴を上げる囚人だが女看守は容赦なくケツを犯しまくる。