棗レイラ 家畜人絶対服従飼育4

natsume4

家畜人は両腕を縛られ吊るされている、棗レイラ女王様が1本鞭を持ってやって来て「さあ始めようか」とニコニコ顔で言うと家畜人は理解して観念する、長時間の1本鞭調教が始まるのである。棗レイラ女王様が鞭をしならせ打つとその度に家畜人は声を上げ耐えている、限りなく打ち続ける棗レイラ女王様の表情は本当に美しく楽しそうである、見る見るうちに家畜人の体はボロボロになっていく、100発ぐらい叩いた時であろうか家畜人がダウン寸前になると棗レイラ女王様は「休憩ね」とピンローラーを家畜人の乳首に転がす、ピンローラーのギザギザの突起部分が乳首を通過する度に乳首に食い込み家畜人は悲鳴をあげ体をよじる、体が動くと棗レイラ女王様は罰として連発ビンタをお見舞いする、棗レイラ女王様の「さて休憩終わり続けようか」との言葉に家畜人はまだ1本鞭は続くのだと表情を凍りつかせる、家畜人絶対服従飼育はまだまだ続くのである。