家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活2

akane1-2

妻はブーツの裏までマゾ夫に舐め掃除させるが汚れが取れないため夫に舌を出させ「こうしないとダメでしょ」と靴底を舌に何度もこすりつける。妻はブーツで蒸れて足が臭くないか夫に匂いを嗅がせる、夫は足の臭いで興奮すると「私の足の臭いを嗅ぎながらオナニーしたい?」と貞操帯をカギで外し夫にチンポをしごかせながら「茜様、足の臭いを嗅ぎながらオナニーさせて下さい」と何度も言わせてからオナニーを許可し目の前でさせる。 しかし妻は夫がイキそうになると手を止めさせ寸止めさせる、妻はこうやって夫の性欲を最高に高めて貞操帯を装着させ言いなりにさせている。妻はシャワーを浴びるので自分の服を夫に脱がさせる、妻がシャワーの時は夫は帰宅して汚れているオマ○コをまず舐めて掃除しなければならない、妻はついさっきまで浮気相手のチンポが入って中出ししてわざと洗ってないオマ○コとも知らずに舐める夫を見て「あなた、今日はどんな味がする?いつもと違う?」と笑みを浮かべる。妻は貞操帯を外されている夫の両手を後ろで手錠をする、こっそりオナニーさせないためである、そして夫を人間イスにしてシャワーを浴びる。