妻の性奴隷へと落ちていく夫3

lum1-3

妻は浣腸され苦しむ夫に紙おむつを履かせ、奴隷に夫の腹の上にのしかかるよう命令し、のしかかった奴隷の上に更に妻が乗るなどして夫の腹をさんざん責め立てる。浣腸され苦しむ夫は我慢していたがとうとう紙おむつの中にクソを垂れ流してしまうと妻は「あれ?あなた、しちゃったの?おもらししちゃったのアハハハ」と笑い放つ、妻は紙おむつの中を覗き大量のクソを確認すると紙おむつの中に排出してしまい恥ずかしさで一杯の夫の顔を見て「あなた、たっぷり出しちゃったわねフフフ」とほほ笑む、妻はクソを手ですくうと「食べなさい」と夫の口に押しつける、抵抗する夫だが口に顔に頭にクソまみれになる。夫は足枷をされ両手を天上から吊るされている、妻は何種類もの鞭を用意し「あなた、私のこと愛してる?愛してるなら私の愛の鞭も耐えられるわよねフフフ」と鞭打ちを始める。最初はゆるいバラ鞭から徐々に強い鞭に変え妻は夫を微笑みながら鞭打って楽しんでいく、夫はバラ鞭でも苦しむが1本鞭になったあたりから体をよじりながら悲鳴を上げ始める、しかし妻はきつい1本鞭、鋲が付いたスパンキング鞭、ケイン、ロング乗馬鞭と更に強い鞭に持ち変えては責め立てる、ケインが折れるほどの強打で夫の体はあっと言う間にボロボロになっていく。