妻の性奴隷へと落ちていく夫1

lum1-1

夫が仕事から帰宅すると美しい人妻は「あなたおかえりなさい」と笑顔で夫を抱きしめ用意していた夫の好きなワインを口移しで飲ませる、妻が夫の上着を脱がせるとYシャツに口紅の跡が残されていた、妻は夫を問い詰め夫は妻がセックスをさせてくれない寂しさから浮気をしたと認めてしまう、激怒した妻は「あなた私と離婚したいの?」と問いただすと夫は離婚したくないと許しを乞うが収まりのつかない妻は体で償いをしてもらうと夫にビンタの嵐、口にパンストを詰め込みガムテープで塞ぎ腹を殴り、四つん這いにして尻を叩きまくる、しかし何故だか妻は微笑んでいる。すると妻は「実は私はサドでマゾ男を奴隷として飼っているの」と衝撃の告白を夫にする、妻は部屋に待機させていた奴隷を呼ぶと全身鎖に覆われた大男がやって来る、妻は「この男を地下で私が飼い殺しにしているの」と笑いながら夫を見下す、驚いている夫に妻は奴隷のアナルに浣腸し妻と奴隷の主従関係が現実である証しを見せ「私はこうして男を痛みつける事で喜びを感じるの、だからあなたとはセックスできないのよ」と笑いながらセックスできない理由を告げる。