京 再訓練施設エリート教官4

kyou1-4

聖水訓練が始まり京女王様は奴隷をあお向けに寝かせ顔の上に立ち、奴隷の口と顔めがけて小便を放出する、大量の小便が奴隷の口に注がれ床に溢れ落ちる、当然床にこぼれた小便は全て舐めて掃除させられる、四つん這いで床の小便を舐め取る奴隷の頭を京女王様は踏みつけ笑みを浮かべ見下ろしている。次は恐怖の黄金訓練である、和式トイレの下に拘束された奴隷は口に口開器を付けさせられて閉じることはできない、京女王様はトイレに座りパンティーを下すと奴隷の顔を笑って見ながらお尻に力を込める、肛門が膨らんだと思うとクソが顔を出し奴隷の顔へと垂れ下がっていく、悲鳴をあげる奴隷だが為す術がない、長い1本クソは奴隷の顔直前まで垂れ下がると切れて奴隷の口に落ちる、口から溢れたクソもトングで全て口に押し込まれガムテープで塞がれ奴隷はクソを完食するまで気の遠い時間を過ごすはめになる。次はクンニ舌奉仕の特訓である、パンティーを脱いだ京女王様は奴隷に局部を徹底的に舐めさせる、元々クンニ舌奉仕が好きな京女王様は趣味も兼ねて徹底的に舐めさせる、当然上手にできなければ鞭の嵐である。