乙姫エミル エミル女王様専属奴隷決定戦5

emiru2-5

ゴム鞭耐久が始まりエミル女王様が軽く振り下ろした鞭が当たるとマゾ男達はその鞭の強さに仰天する「痛いとてつもなく重く痛い、普通の鞭とは比べ物にならない」軽く打たれた鞭でさえマゾ男達は悲鳴を上げてのた打ち回る。 しかしエミル女王様は鞭の強度を徐々に強めて泣き出しそうなマゾ男達を見て快感に浸る、 Sである本当にエミル女王様はSなのである。エミル女王様は頑張ってゴム鞭を耐えた方に聖水をあげる、もちろん床にこぼれた小便はなくなるまでキッチリ舐め掃除させる。 エミル女王様専属奴隷決定戦の次のゲームはケイン耐久である。マゾ男達は足を投げ出し座らされ背中を合わせて縛られる、エミル女王様はマゾ男達の足の間にコップを挟ませ水を注ぎケインと乗馬鞭でマゾ男達のフトモモを叩き始める、痛さに我慢できず動いて水をこぼした方が負けである、経験した者ならケインの痛さは分かるだろう、それをエミル女王様は フトモモそして向こうずね(弁慶の泣き所)に太鼓を叩くように笑顔で打ちつける、これにはマゾ男達も泣きが入りたまらず水をこぼし罰として徹底的にケインの餌食となる。