あいり 奴隷化されていく脚フェチマゾ男4

airi1-4

浣腸で我慢の限界に近い脚フェチマゾ男は土下座してあいり女王様にトイレに行かせて下さいと願を乞うがあいり女王様は中々許可をせずにじらし遊ぶ。やっとお許しが出てトイレに行かせてもらい戻って来た脚フェチマゾ男にちゃんとアナル内がきれいになったかあいり女王様は肛門を広げチェックする、ゴム手袋をはめ指を1本2本と挿入し、アナルパールを持ち出し挿入し1個2個と挿入していき最後の8個まで挿入するとアナルパールをグルグル回してかきアナル内を回して遊ぶ。あいり女王様はペニスバンドを装着すると脚フェチマゾ男のアナルに挿入して犯し始める、あいり女王様が腰を振る度にペニスがズボズボとアナル奥まで到達し脚フェチマゾ男は悲鳴を上げ許しを乞うがあいり女王様は容赦なく腰を振るスピードを上げて犯しまくる。あいり女王様は呼吸管理として脚フェチマゾ男を仰向けに寝かせ顔面騎乗して呼吸を完全に止めて指定する秒数まで我慢するように言う、我慢できずに呼吸をしてしまうと鞭打ちでお仕置きされ我慢できるとペニスをなでてご褒美をあげる。もう脚フェチマゾ男は徐々に奴隷化されている。